読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

わかりあえないからこそ、わかりあえた瞬間が嬉しい!

コミュニケーション

f:id:asobi_love:20150429142811j:plain

良いコミュニケーション

わかりあえないからこそ、わかりあえた瞬間が嬉しい!

相手の想いや表情に耳を傾け、こちらも想いと表情で応える。

良いコミュニケーションとは、相手をもっと知りたい!という好奇心と、相手の想いに配慮した総量の大きさだ。

メラビアン法則

アメリカ合衆国の心理学者アルバート・メラビアン(1939年〜)が提唱した「メラビアン法則」では、
コミュニケーションで伝わる言葉の伝達割合は7%。
声のトーンや口調など聴覚の伝達割合は38%。
身振り手振りや表情など視覚の伝達割合は55%。

無表情で声のトーンが低く下げ、言葉で「嬉しい」と発しても、明らかに嬉しくないことが分かるように、言葉の重要性は圧倒的に低い。

視覚と聴覚で人を理解する

目の前に人がいるのだから、傾けるべきは言葉ではなく、声の調子や表情、姿勢のほうが、人はありとあらゆる想いを発信している。それを理解しようと思えるかどうかは、相手のことを大切に想えるかがポイント。

人は良いコミュニケーションを心がけることで、どんな人からも学ぶ機会があり、尊い瞬間と出会える。

感情を揺さぶるほどの出会いをしよう

ご縁

f:id:asobi_love:20150315170427j:plain

いまの自分があるのは、感情を揺さぶるほどの人と出会ったからだなぁ〜と思える人がいます。
そう思うと、ご縁によって今の自分が形成されているのだと気付かされます。

「ご縁」が価値観をつくる

自分の感情を揺さぶるほどの出会いが、生き方の軸となる価値観を形づくります。このような出会いは、突然訪れることがほとんどですが偶然ではなく、
必然の縁なのです。

カール・グスタフ・ユングシンクロニシティ

スイス精神科医・心理学者カール・グスタフ・ユング(1875年-1961年)が提唱した概念「シンクロニシティ」より。

<引用>

「それぞれ自分の人生を懸命に歩んでいる人たちが、同じ時、同じ場所に自然と合流する現象。
まるで時を共通にして、その場に吸い込まれたような場合」
 ※リーダーシップの旅 見えないものを見る(光文社新書)より

つまり「懸命に歩んでいる」と同じような想いを持っている人同士が繋がり、
懸命に歩むことで意識的に良い縁を呼び込むことが出来ます。

私自身もシンクロニシティのような出会いがあった覚えがあり、
周りの人に話しを聞くと、不思議だけど必然のような出会いにより人生が切り開けたという話しを聴くことがあります

どのように懸命に歩むかは選択できる

いま自分の目の前にないものは、大切にしてこなかったものです。
いま自分の目に前にあるものは、大切にしてきたものです。

「何を大切にするか」の選択により、出会いの縁が変わり、目の前にあるものが変っていきます。

いざとなったときに頼れる友人・仲間とのご縁が、どこでも生きていける道をつくる。

優秀の基準「どこでも生きていけるか」

生きる力

f:id:asobi_love:20150314092628j:plain


先日、友人から「優秀な人の基準って何?」と聞かれ、
「どこでも生きていけるか」と答えた。
つまり、生きる力をもっているかどうかだと思います。

新自由主義の限界

まだ近代的な手法は通用しますが、新自由主義がいきつく3つの大変動要因によって近代的手法の限界を迎えます。
  1. 資本主義による格差拡大
  2. グローバル化による競争原理の激化
  3. ロボットによる自動化
これらが人に与える影響は計り知れず、今まで考えられない歪んだ環境をつくりだします。
経済格差による歪みの例として、「独立する富裕層」
http://www.nhk.or.jp/kokusaihoudou/archive/2014/04/0425.html
 
<引用>
アメリカの自治体に異変が起きている。「州」の下の行政区分である「郡」から“独立”する「市」が相次いでいるのだ。独立運動の中心は高級住宅地に住む富裕層。その動機は「所得の再分配」と「効率の悪い政府」への不満だ。
このように人と人の心が遠くなっていく、より不確実な世界へと突入します。
そこで最も必要となる能力は、「どこでも生きていける」という、生きる力。

他人がデザインした道をトボトボ歩くより、
自分でデザインした道をつくり、希望を切り開いて見たい風景、見たい人の表情をつくっていくことが重要。

アマルティア・セン「ケイパビリティ」

インド経済学者アマルティア・セン(1933年~)が提唱した概念「ケイパビリティ」とは、「生きたいように生きる力(潜在能力)」としている。

アマルティア・センは、多くの人がケイパビリティを獲得できるように、
社会がそれを保護する必要性を著書「人間の安全保障」で強調しています。

僕が10代の時に、いじめを受け、引きこもり、学校が嫌い!になった生きたいように生きれなかった痛烈経験からも、ケイパビリティが必要だと感じています。
 
いまだ資本主義に代る魅力的な提案がない世界で、
その限界を迎えようとしている中、どこでも生きていけるように、
「生きたいように生きる力」を身につけるための条件を考えていきます。