読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「生きてるだけで丸儲け」ありのままで自分を認める

生きる力

f:id:asobi_love:20150115011937j:plain

ありのままでいること。それが人の可能性が一番ある状態です。

アナと雪の女王のレットイットゴーで「ありのままで」という言葉が流行していることは、とても喜ばしいことです。
口にするのは簡単だけれども難しい「ありのままで」にいるためには、どのようにすればよいのか。流行で終わらせないためにも「素直さ」について考えてみました。

ジャック・ウェルチの名言

なぜ「素直さ」が必要なのか。元GEのCEOである実業家「ジャック・ウェルチ」(1935年〜)の名言「素直さ。正直に話しても平気だと思える環境。真実が話せる状況が整ってはじめて状況は好転する」と。

「素直」で在ること。自然体が一番可能性をもっている状態ということです。
人の心はいつも素直です。どんなときも正しく自分にフィードバックを返してくれます。

でも、頭が素直な感情を邪魔します。たとえば、

  • 利害関係を考慮する
  • 相手よりも上の立場で在ろうとする
  • 当たり前だと思い込む

その結果、心で感じたこととは異なる言葉が口から発せられます・・・
このように「心と頭のギャップ」が起きがちです。

自分で自分のことを「いいよ」と認めてあげる

どんな自分でも自分である。と、自分自身を認めてあげてください。失敗する自分も、かっこよくない自分も、誰かに笑われている自分も、社会常識に当てはまらない部分がある自分も、弱い自分も、どれも全て自分なのです。

常に完璧に在ろうとせずとも大丈夫です。強く見せようと構えてなくても大丈夫です。必ず誰かが、あなたらしい良さを見ています。自分で自分を認めることができる人には、自分のことを認めてくれる人が必ず現れてくれます。

自分の存在を認めてくれる人が現れたとき、自分の可能性を全力で安心して発揮できるようになっていきます。また、自分の心と頭の距離が縮まり、心と頭が一致していきます。

「生きてるだけで丸儲け」

日本を代表するお笑い芸人、明石家さんま(1955年〜)の名言「生きてるだけで丸儲け」は、とても力強い自分自身を認めてあげる言葉です。

「何か出来なければ自分ではない」なんて、そんなことは決してないのです。生きているだけで、それだけで既に良いのです。

私の人生の定義は、「人生とは、世界に触れて感じ続ける旅。正解なんてなく、もしあるとすれば、感じたように生きることだけ」です。

何かしたくなったら行動して、乗り気じゃない時は立ち止まって、疲れたときは休む。

その延長線上で、多くの人と出会い、上でも下でもない互いに等身大な関係性が生まれたとき、良い流れを生まれます。そしてまた新しい人との刺激的な出会いに繋がっていきます。

生きてるだけで丸儲けですね。